面接で緊張を和らげるコツ

面接で育児制度への関心を表現することで伝えられる事があります

面接で緊張を和らげるコツ
結婚をしている女性で子供がいない場合は、子供ができたとしても仕事を続けていく意思があるかどうかということを面接で確認される場合があります。直接的な質問を受ける場合もありますし、間接的な質問の中から探ってくる場合もあります。そういった場合は、子供が出来ても仕事は続けていきたいと考えているということを伝える方が採用を得るためには有利になることが多いです。

そこで、子供が出来ても仕事を続けていくつもりであるということを伝えるための良い方法があります。それは育児休暇などの子どもを持つ人に対する企業の制度を重視しているということを伝えるという方法です。これは、面接の現場において確認をするよりも、事前に確認をした結果として、応募することを決めたというような伝え方が効果的です。育児制度を応募企業の選定条件としているということを伝えれば、同時に子供が出来ても仕事を続けていきたいと考えいていることも伝えることができます。直接的にはっきりと、子供が出来ても仕事を辞めることはないということを伝えるという方法もありますが、そういった方法よりも企業選びの段階で真剣に考えているという印象を与えることができますので、より強い説得力を持つことになります。